yuyuの目線で語る。

ひねくれこそ力なり。

【スタン落ち】ドラゴン年に消えちゃうカードを振り返る。④クラス後編【殿堂入り】

f:id:yuyu12880:20190325014703p:plain

 

やべえやべえ、「ドラゴン年」始まっちゃうよ。

ということなので、スタンダードで使えなくなってしまうカード振り返りさっさと終わらせます。

強かったあんなカードやマイフェイバリットなこんなカードを挙げていくぞ。

今回はクラスカード後編。

残りのメイジとプリーストのカード。

クソ環境終わる新環境になるのは嬉しいけど、おきにのカード消えるの悲しいな。

 

 

 

メイジの消えちゃうカード

 

シンドラゴサ

 (騎士団)

シンドラゴサ

メイジのコントロールデッキやら何やらで使用されたカード。

8/8に実質レジェ2枚ゲットのバリューセットであり、DKジェイナ時は余った2マナで能動的にウォーターエレメンタル出せる。

そして何よりセリフカッコよい。

「ノースエンドの凍れる風が魂を貪りつくすぞ!」

ンゾスと一緒に使うのロマンあったなー・・・。

 

 

 凍血の魔王妃ジェイナ

(騎士団)

凍血の魔王妃ジェイナ

闇ジェイナ

実質無限バリューとメイジ待望のヒールシステム搭載。

コントロール系のメイジはいかに素早く自然にコイツを出せるかが大事だったくらい。

 

 

 爆発のルーン

(コボルト)

爆発のルーン

3マナで6点&顔にも飛ばせるとんでもカード。

強いミニオンは無駄にしたくないが、弱いミニオン出したら顔が痛いジレンマを与えてくれた。

 

 ドラゴンの憤怒

(コボルト)

ドラゴンの憤怒

ビッグスペルメイジ発生カード。

たぶん5ターン目のこいつを挟めないと、ブリザードフレストが間に合わない。

 

ウェイゲートの開門

(ウンゴロ)

ウェイゲートの開門

クエストローグの影に隠れがちだが、コイツも世のヘイトを集めてたなあ。

とにかく凍らせてる間にデッキ回しまくって、「いつか私もあなたみたいにいー」「いつか私も・・・」。

その後、アイスブロックと共にスタンダードから姿を消しましたとさ。

 

 始原の秘紋

(ウンゴロ)

始原の秘紋

 

アグロにもコントロールにも入れられる万能サーチカード。

まだ大丈夫だろうと思ってても、8ターン目にパイロブラストが飛んできたりする。

運さえ良ければ、マナワーム→始原の秘紋×29で2ターンキル。

 

 メテオ

(ウンゴロ)

メテオ

オーバーパワー単体除去カード

ヘルスは レジェンドドラゴン他の12がだいたいの上限なので、15点は何を見て設定しているかは謎のまま。

 

パイロス

(ウンゴロ)

パイロス

3段進化ポケモン

最初は純粋にロマンカードだったが、闇ジェイナのおかげでそこそこの支持を得た。

ンゾスと合わせれば、10/10が3回も出せるぞ!

 

プリーストの消えちゃうカード

 

影刈アンドゥイン

(騎士団)

影刈アンドゥイン

ついに尻尾を出した安藤。

マンモス年にハースをプレイしていた人なら誰でも知ってる最強デッキ"ラザカスプリースト"のキーカード。

カードをプレイする度に顔面に2点が飛んでくるのはもうホントに強かった。

ラザがナーフ&スタン落ちで、なんとなく除去&思念撃破とのコンボに使われるくらいになった。

安藤のセリフが聞けなくなるのもなんか寂しいな。

 

光熱のエレメンタル

(ウンゴロ)

光熱のエレメンタル

だいたい魔法使いの弟子。

ではあるが、低マナスペルで色々とコンボができるプリーストでは多くのOTKデッキに採用された。

多くのインチキOTKデッキが消えることになるぞ!

 

太陽の破片ライラ

(ウンゴロ)

太陽の砕片ライラ

呪文唱え放題のロマンカード。

上記の光熱のエレメンタルと合わせれば、文字通り唱え放題にもなる。

ラザカスプリでは運が良ければ20点も30点も出すことが可能だった。

そして、たぶん途中で声が変わった

 

ダイヤモンドの呪文石

(コボルト)

ダイヤモンドの小呪文石

 

主にビッグプリ、ないしはマリゴス、ヴェレンのOTKデッキに採用される。

カエルや羊、リス、ラプター他の変なミニオンを混ぜてやろう!

 

ベネディクトゥス大司教

(騎士団)

ベネディクトゥス大司教

ファティーグ勝負最強の大司教様。

yuyuはゴールデンだいしきょうさまが当たったので、相手のデッキをフルゴールデンでコピーというロマンに惹かれて色んなデッキに入れてみる。

クエプリやウォリコン意識したコンプリに投入すると、使えないこともないけどたいして強くなかった。

 

ダスクブレイカー

(コボルト)

ダスクブレイカー

プリーストのスタン落ちAoEその1。

条件付きではあるものの、3ターン目以前のボードを高確率でクリアしつつ3/3を展開できるパワーカード。

コイツと諜報員、ドラポなくしてマンモス年のドラプリは存在しなかった。

 

心霊絶叫

(コボルト)

心霊絶叫

プリーストのスタン落ちAoEその2。

断末魔、バフもろとも無に帰すパワープレイを見せる。

ファティーグ?安藤には関係ないね。OTKするもんね。

 

ひとまねグリマールート

(ウンゴロ)

ひとまねグリマールート

 

ハースには珍しく相手のデッキ情報を知れる効果持ち

とりあえず3ターン目の最低限のボードも取れるので、そこそこ採用された。

yuyuくらいになれば3択なんて確実に当てられるが、当てられなくても相手のデッキを知れるって大きい。

 

影の幻視

(ウンゴロ)

影の幻視

シンプルだが超強力なサーチカード。

AoE増やす他、コンボカード引っ張ってくるのが主な使い方。

当たりが減ってしまうので、呪文の種類を厳選するのも大事であった。

 

黒曜石の像

(騎士団)

黒曜石の像

たくさん打点を吸って回復してくれる上、死んでも除去を飛ばせる強力なディフェンスカード。

イラスト、エピックの宝石(紫)、プリーストの柄(白)も相まってめちゃくちゃカッコいいのでyuyuは色んなデッキで使ってみた。

ンゾスバリューを高めてくれたぜ。

実際はビッグプリくらいでしか採用されず・・・。

 

 

最後に

以上、中立と全クラスのお話が終わり。

途中、心が折れかけましたが(③あたりで)頑張りました。

やっぱ記事書きたいって思ったときに全部書かなきゃモチベーションがな。

 

というのは置いておいて、スタン落ち&殿堂入りの印象は

①インチキカード(クエスト、DKヒーロー、レジェ武器、奇数偶数)

②AoE(冒涜、ドラゴンの憤怒、ダスクブレイカー、心霊絶叫、大暴れ、≒蟲害など)

が強かったかな。

 

①は言うまでも無いけど②の影響も大きいんじゃないか?

ハガサとめちゃくちゃ強そうな新AoEが配られたシャーマンが意外とコントロール1番手になったりして。

なんと言っても、前年のパワーカードに枠を取られてたメカメカとラスタカン拡張のカードが使われるのも楽しみだね!

おわり。