yuyuの目線で語る。

ひねくれこそ力なり。

【スタン落ち】ドラゴン年に消えちゃうカードを振り返る。②クラス前編【殿堂入り】

 

f:id:yuyu12880:20190313214813p:plain

 

 

だらだらしてるとすぐに「ドラゴン年」が来てしまうので、さっさとやるぞ。

引き続き、もうすぐスタンダードで使えなくなってしまうカードを振り返って行こう!

環境でよく見た超つええヤツに加えて、yuyuが個人的に思い出のもあるぞ。

今回はクラスカード前編として、ドルイド、ローグ、ハンター、ウォリアーのカード。

中立よりも数多そうだからサッとやります。

 

 

 

ドルイドの消えちゃうカード

 

究極の侵蝕

 (騎士団)

究極の侵蝕

ずっと前に記事で書いたけど、10マナで18マナ分くらいの働きを見せる仕事人

 

www.yuyu12880.com

常に批判されてはいたけど、蟲害や練気、繁茂や滋養などの屍を越えて完走した。

マナ加速も除去も侵蝕も無くなったドルイドはどうなってしまうのか!?

ドルイドの不遇時代再来の予感・・・。

 

 拡がりゆく蟲害

(騎士団)

拡がりゆく虫害

小型を並べる系アグロの天敵。

5マナから6マナにナーフになったが大した影響はなく、だいたい使われ続ける。

防御カードかと思いきや、獰猛な咆哮や強殻のクズ拾いと合わせて逆リーサルもしてきやがった。

 

 ティランタス

(ウンゴロ)

ティランタス

大怪獣ティラちゃん。

実際にデッキに採用されることはほぼ無いが、性悪な召喚士の10マナ大当たり枠。

「頼むからティランタスはやめてくれよ」・・・デデンデデン!デデンデデン!

 

 枝分かれの道

(コボルト)

枝分かれの道

ひとつひとつの効果はそんなにたいしたこと無いのに、3つから選択できるだけでめちゃくちゃ便利に!

不思議!

 

 動き回るマナ

(ウンゴロ)

動き回るマナ

マナクリスタルを変身させるという異例のカード。

5マナで2/2を5体展開という壊れカードだが、蓮華紋なしではもうひとつ。

退散や心霊絶叫、退化でとんでもないことになった。

 

 ハドロノックス

(騎士団)

ハドロノックス

ンゾスに変わり大量展開カードとして使われる。

出てくるのが挑発なのがなかなかウザいし、何より魔女の刻のせいで嫌われ者になってしまった。

 

 

 ジャスパーの呪文石

(コボルト)

ジャスパーの小呪文石

 

 お手軽単体除去。

1ターン目に使っても強いし、強化してデカいミニオン除去しても良し。

個人的に1番悪さをしていたと思ってる。

 

自然への回帰

(クラシック)

自然への回帰

通称・自然への回帰祝い。

本来はミニオンを破壊してもリソースを与えてしまうのでトントンな効果のはずが、他のカードが強すぎて2ドローがむしろメリットになってた。

色んなコンボにも使われた結果、ついに殿堂入りに。

ドルイドはこんなカード使わなくても、デカいミニオンで殴り倒せばええんや!

 

ローグの消えちゃうカード

 

地底の大洞窟

(ウンゴロ)

地底の大洞窟

ついに、ついにこの時が来たぞー!

みんなの大嫌いなアイツがスタン落ちだー!

地底の大洞窟、クリスタルコア、そして実質含み笑う発明家と3回もナーフ食らってなお環境に蔓延るクエロが終わりを迎えました。

もうこんなカード出すなよ。

 

疫病科学者

(コボルト)

「疫病科学者」の画像検索結果

火霊術師やナイフジャグリング部と一緒に使うと強いやつだけど、ラダーには基本的にいない。

なのに、みんながセリフを知ってる不思議なヤツ。

オチツイテー。ワタシハイシャデース。

 

ファルドライ・ストライダー

(コボルト)

ファルドライ・ストライダー

最初はみんな名前を覚えられない。

というか今でもうろ覚え。

待ち伏せ!に続く、2代目蜘蛛埋めるヤツ。

ドラゴン年に3代目のソウルを持つものは現れるのか。

 

ヴァイルスパイン・スレイヤー

(ウンゴロ)

ヴァイルスパイン・スレイヤー

実質2マナで単体除去の殺人花もついにスタン落ち。

コンボデッキ的には板渡らせの刑でなんとかなりそう。

テンポデッキ的にはそうもいかない。

疫病科学者が残ってればね・・。

 

エルフの吟遊楽人

(コボルト)

エルフの吟遊楽人

お手軽手札補助カード。

テンポデッキではドロー、コンボデッキではサーチカードとして活躍。

こいつが追加されて、ケレセステンポローグがラザカスと肩を並べられるようになったんだ!

 

ソニア・シャドウダンサー

(ウンゴロ)

ソニア・シャドウダンサー

かわいいかわいいソニアちゃん。

例によってクエストローグで重用されていたので、やっぱり悪い印象が強い。

yuyu的にはテンポローグで大変お世話になりました

ケレセスコピーしたり、殺人花増やしたり、きのこぱわー増やしたり・・・。

 

雲隠れ

(コボルト)

雲隠れ

突如として追加されたローグの秘策がほとんど使われないままスタン落ちに。

この雲隠れくらいはミルローグでまあまあ活躍したりしなかったり。

ローグの秘策枠は失敗で終わり?

 

ハンターの消えちゃうカード

 

放電レイザーモー

(ウンゴロ)

放電レイザーモー

ケレセスなんていらないミッドレンジハンターの強力2マナ枠もついにスタン落ち。

2ターン目に使ってもボードとれるし、後半にリーサルも狙えるし。

現在、絶賛復権中のミッドレンジハンターも厳しい?

 

死線の追跡者レクサー

(騎士団)

死線の追跡者レクサー

さあDKヒーローもスタン落ちだあああ。

体力回復(装甲)、AoE、手札補充とハンターの欲しかったものが1枚に詰まってた。

特にバ獣はそれだけでコントロールデッキを倒せるほど・・。

流石に無限バリューはインチキすぎるでしょうに。

 

ワンダリングモンスター

(コボルト)

ワンダリングモンスター

対アグロ秘策。

1マナミニオンで殴ろうもんなら返り討ちでボードをどうぞしてしまう。

でも凍結の罠かもしれないから殴らないわけにもいかないし・・・。

強かった。

 

キャスリーナ・ウィンターウィスプ

(コボルト)

キャスリーナ・ウィンターウィスプ

代々伝わるハンターの使い物にならない恐竜レジェを使い物にする優秀なレジェ。

彼女と共に、キンクラ先輩もコレクションへさよならかもしれない。

 

キャンドルショット

(コボルト)

キャンドルショット

ハンターにしては珍しい小型の使いやすい武器。

無敵になれるので、自分より早いアグロに効果的。

狩人の狙いをナーフさせたきっかけでもある。

 

テラースケイルの追跡者

(ウンゴロ)

テラースケイルの追跡者

一時代を築いた断末魔ハンターのキーカードがスタン落ち。

ついでに死にまねもスタン落ち。

ついでにキューブもキャスリーナもry。

 

側面攻撃

(コボルト)

側面攻撃

スーパーテンポカード

中立とはいえ、ファイアープルーム・フェニックスやストームパイクのコマンドーが可哀想である。

使いづらいけど、エサ付き矢に置き換わるのか。

 

エメラルドの呪文石

(コボルト)

エメラルドの小呪文石

秘策2枚使うだけで壊れカードに。

ダスクブレイカーが苦手。

既にナーフ済みだけどね。

 

ウォリアーの消えちゃうカード

 

ファイアプルームの中心で

(ウンゴロ)

ファイアプルームの中心で

なんだかんだずっと環境に居たクエストウォリアーのコア。

体力8にならずして、ラグナロスヒロパをゲット。

 

死人の手札

(騎士団)

死人の手札

純粋にデッキバリューを増やす。

2枚あれば無限デッキということで、ミルウォリアーが使用していた。

奇数ウォリ使えないなら普通のウォリコンに入れたいと思ってたら、スタン落ちかいいいいい。

 

大暴れ

(コボルト)

大暴れ

せっかく貯めたアーマーをマジで?って思ってたけど、奇数ウォリなら関係ないね。

ヒロパ+大暴れでお手軽4点AoEとして。

 

ウォリアーのカードは以上である。

少なっ。

ウォリパイ、クトゥーンウォリ、ドラウォリあたりが消えて、長らくクエウォリしかいない不遇ヒーローだったから仕方ないね。

バクが消えて、ウォリアーもどうなることやら・・・急襲ウォリ?

 

最後に

さあ第2部が終わり。

改めて、マンモス年のカードはパワー高いなあ。

次回は、みなさんお待ちかねのあのカードを紹介します。

 

おわり。