yuyuの目線で語る。

ハースストーンのことやらゲームやらマンガやら趣味やら

【キャサリン・フルボディ】ついに帰ってくる!初代キャサリンを振り返り。【アトラス】

f:id:yuyu12880:20181108201331p:plain

 

ネットをプラプラしてたら広告で発見したけど、

キャサリン・フルボディの発売が決定してる!

 

 

初代キャサリンファンだった私は、

ルンルンで予約しました。

PS Storeで予約購入ポチ―。

ん?あと108日でプレイできますぅ??

まだ発売まで3カ月以上あるのね・・。

(2019年の2月14日に発売。あ、バレンタインだ。)

 

ということで、待ちきれないので初代キャサリンを振り返ります。

 

 

 

キャサリンは・・パズルゲーム!

 

キャサリンは2011年2月7日にアトラスから発売されたゲーム。

ストーリーは

主人公のヴィンセントは結婚を迫る彼女・katherine(Kキャサリン)との関係に悩まされていた。そこに現れた謎の美少女・Catherine(Cキャサリン)と一夜を共にしてしまう。2人のキャサリンとの三角関係と次々と発見されるベッド上での男の死体、毎夜のように訪れる悪夢にヴィンセントはどう選択するのか!?

といった感じ。

なんて凝ったノベルゲー?ってかエロゲ―?なストーリーだが、違います。

 

ここで、キャサリンに外せない恐怖の敵を見てもらう。(Google検索)

 

f:id:yuyu12880:20181105214108p:plain

 

なんのホラー画像ですか?

でも、ホラーゲムでも無いんですよ。いや、まあホラーゲーム要素強いけど。

 

キャサリンはあくまでパズルゲームなんです!

 

 

簡単なシステム紹介

 

1日が始まるのは、行きつけのバー「ストレイ・シープ」。

ここでの飲み仲間や町の人々、なにより二人のキャサリンとのイベントで物語が進行していく。

 

そして、帰宅して就寝後のヴィンセントの悪夢の中でパズルゲームが始まる。

どんどん崩れていく箱をよじ登って、なんとか死を逃れる。

 

「キャサリン パズル」の画像検索結果

 

パズルゲームでの特殊なルールは唯一つ、箱どうしは辺が接していれば落下しない、という点。

どういう意味?ってみんな思うじゃん?

俺も最初思いました。っていうかみんな思うでしょう。

ってことで、なんと優しいんでしょうか、イラスト付きで解説

こういう積まれ方してて、2段目の箱を引っ張るとします。

普通ならダルマ落としの如く箱は崩れてしまいますが。

 

f:id:yuyu12880:20181108190816p:plain

 

箱の辺と辺が接しているので(赤い部分)、箱は落下しないのである。

 

f:id:yuyu12880:20181108191544p:plain

 

一部の重い箱や罠の箱はあるが、基本はこの辺と辺で接するルールだけで様々なバリュエーションや難易度のステージが構築されている。

 

さらに、ストレイ・シープでの会話や悪夢のステージ間にある「告解の部屋」での質問の選択肢により、物語のエンディングが変わってくる。

マルチエンディングってやつ。

 

パズルを解いて悪夢から脱出しつつ、ヴィンセントは最後どうなってしまうのか?!

 

細かいネタが良いカンジ

 

まあそんなゲームですが、細かいネタが良いアクセントになってます。

 

①なんかシャレオツなお酒トリビア

ストレイ・シープはバーなので、当然お酒を飲むわけです。

飲めるお酒は、ビール、ウィスキー、日本酒、カクテルの4種なわけですが、毎晩これらの豆知識が聞けます。

 なんとなく覚えてたのがコレかな。(攻略サイト参照しました)

最も経験と技術を要するカクテルの1つは「プース・カフェ」。普通カクテルは混ぜるが、これは混ぜてはいけないカクテル。様々な色のお酒を比重の順に静かに重ね、グラスの中に美しい虹を描き出す。しかし混ぜたら濁るし混ぜないとレシピのまま。そんな「悩ましさ」こそがプース・カフェの味わいなのかもしれない。

シャレオツじゃん?

ちょうどこのゲームやってたのが大学1年だか2年のませガキの頃で、妙に感動してたなあ・・・・。

 

②ナレーションがモヤさまのあの声

上のお酒トリビアやゲーム操作などのチュートリアルにはナレーションが付いてるわけですが、あの声がショウ君です。

え?誰それって?

ショウ君は、あの平坦で感情がこもってなくて、どこか片言っぽいしゃべり方の・・。

簡単に言えば、モヤさまのナレーションのアイツ、機械音声です。

独特の声で、人気ありそうなのに意外と使われてないショウ君のナレーションはなんか心地いい。

 

③本編さながらのラプンツェル

ストレイ・シープではアーケードゲームも楽しめます。

その名も「ラプンツェル」。

あの童話のラプンツェルであり、あのネズミアニメ会社のラプンツェルです。

塔の屋上に閉じ込められた姫・ラプンツェルを救い出すゲームで、キャサリンのパズルゲーム同様に、箱を動かして塔の上まで登っていく。

本編のパズルゲーと違って、時間制限は無いけど行動の上限回数が決まっており、ミニゲームなのに本編より難しかったです

2週目以降はラプンツェルを楽しむのもあり。

 

④クラシックの名曲アレンジしたBGM

当たり前ですが、パズルステージではBGMが流れてます。

そのBGMはクラシックの名曲たちをアレンジしたもの。

バッハの小フーガト長調ショパンの革命のエチュードなど、誰もが知ってるような名曲も入ってます。

 

www.youtube.com

何気に、ピアノ歴がそこそこありクラシックに精通しているyuyuには最高でした。

クラシック曲なんだけど、ギターや電子ドラム的なのが入ってて普通に聞けちゃう

 

まとめ

 

まあ、そんなゲームですわ。

記事書いてたら、初代キャサリンやりたくなってきたけど、もう売っちゃったんだよなあ・・。

んで、Amazon覗いてみたけどなんか高くね?

とりあえず、懐かしく思った人は押入れから初代キャサリン引っ張り出しても良し、キャサリン・フルボディから知った人は予習として初代買うのも良し。

 

たぁのしいみだなああ。