yuyuの目線で語る。

ハースストーンのことやらゲームやらマンガやら趣味やら

コントロールウォーロックで意識したこと7つ

 

f:id:yuyu12880:20180301211905p:plain

 

 月末になってもランク10だったんで、ついにコンウォロ作ったんだけど、

滑り込みでランク5いけた!

 
いやー、強かった…。
 

f:id:yuyu12880:20180301210344p:plain

 

ランク5までとはいえ、翡翠に轢き殺されたドルイド以外勝ち越せた。

 
そして、ウォリコン以来久々に相手のリソース全部叩き潰す達成感味わえた。
 
ということで、自分的に意識したことを挙げてくぜ。
 
 
 

1. 対パラディンでは控えめにライフタップ

 
基本的に重いウォーロックのデッキはなるべくライフタップしたほうがいい。
これはキーカードなり除去を引き込めれば、ライフアドもボードアドも取り返すことができるからである。
しかし、アグロ系パラディンにはお馴染みのドローカードである神聖なる恩寵がある。
除去を引くためにライフタップしても、そのぶんパラディンの再展開も可能になってしまう。
AoEが無いなら仕方ないが、ある程度手札が出来上がってるならライフタップは控えよう。
 

2. 余裕があるなら早めのDKグルダン

 
使ってみると分かるが、DKグルダンの強さは半端じゃない
デッキにもよるが、悪魔大復活の雄たけびよりもヒーローパワーの生命抽出が強いと思ってる。
 

f:id:yuyu12880:20180301210709p:plain

 
ハンターよりフェイスダメージ稼げるし、メイジよりもミニオン除去しやすいし、プリよりたくさんヒールできるし・・。
ということでDKグルダンのヒロパをたくさん使う=DKグルダンを早く使うのが重要だ。
特に相手がミニオン主体でないデッキならヴォイドロードそんな関係ないので、早めにDKグルダン使ってやろう。
 

3. ファティーグを見据えてライフタップする

 
このデッキの勝ち筋は「相手のリソースを潰す」である
DKグルダンやンゾスでボードをいっきに展開することも可能だが、アタックが高いミニオンはいない。
確認してみて自分でもちょっとびっくりしたけど、デッキに入ってるミニオンで一番アタック高いのリンとガイストの4じゃねーか!
リンじゃなくてスペブレでした。そしてアタック5のンゾスがいましたm(__)m
そういうことなので、対コントロールでは当たり前のようにデッキを引ききるまで戦うことになる。
ファティーグレースで優位にたつために、相手の残デッキ数を確認しながらライフタップをしよう。
冒涜の起爆剤やアメジストの呪文石の成長財となるコボルトの司書を使うことも見越す必要がある。
 
 

4. 変に自分から動かない

 
上でも書いたように、このデッキは相手のリソースを潰してファティーグ勝負で勝つのが目的であり、それに最適なDKグルダンの鬼ヒロパがある。
OTKデッキなど一部を除けば、試合が長引くほどこっちが有利となる
 アグロ相手にはボードをとるためにミニオン出してく必要があるが、コントロールデッキ相手には変に動かなくても良い。
精神支配でヴォイドロード奪われたり、冥界で一方的にこっちのミニオン除去されたり、ヒロパでミニオン倒されてウォーターエレメンタル出されたり・・。
ファティーグ勝負に強いことを意識しておこう。
 

5. アザーリをちらつかせる

f:id:yuyu12880:20180301211431p:plain

 
コンウォロのだいたいのリストには第一使徒リンが入ってる。
リンからアザーリまでは6マナ(リン)→5マナ→5マナ→5マナ→5マナ→5マナ→10マナ(アザーリ)で合計41マナも必要で、その間ほとんどボードに関与できないのでわりと非現実的である。
とはいえ、デッキ破壊してくるアザーリは脅威となるはず。
相手はアザーリを決められるまでにライフを削ってしまいたい、なるべくドローを進めたいと考えるだろう。
それを逆手にとれば豊富なAoEで相手のリソースをいっきに潰したりファティーグ勝ちが狙える。
コントロールデッキ相手には、全力でアザーリを出しに行く"ふり"をするのも戦法だ。
 

6. ときにはヴォイドロードやリンに暗黒の契約を

 
このデッキの弱点はリンの断末魔が発動しなくなる、またはヴォイドロードのDKグルダンやンゾスでの復活が不可能になる、沈黙や変身、コントロール奪取である。
シャーマンがラダーから消えているのは幸いである。
とはいえ、スペルブレイカーや精神支配は飛んでくるので、確実に断末魔を発動させておくために敢えて暗黒の契約をうってしまうのも悪くない。
アグロ相手の場合も、ヴォイドロード置いておくだけだとスペルブレイカー昏倒で簡単に突破されてしまうので、意外とヴォイドウォーカーを並べておくとともにヴォイドロード復活の布石を作っておくほうが良かったりもする。
 

7. なるべく捻れし冥界使わず冒涜で

 

リスト見たら分かる通り、単体除去と呼べるカードがアメジストの呪文石くらいしかない。(魂抽出入れてもいいんだけど)
そうなると、場合よっては捻れし冥界を単体除去として使いたい状況も出てくる。
だから、ボードクリアしたいときは最初に冒涜算をしてみよう。
冒涜が決まらない場合もヴォイドロードやリンでの時間稼ぎ➡️次ターンの冒涜が可能なら狙ってみる。


 まだまだコンウォロ中級者だけど、これからコンウォロ始める人には参考になるんじゃないかな?
アグロに飽き飽きしたら使ってみようぜ!